ニュース NEWS

「『持続可能なJA経営基盤の確立・強化』に関する決議」を採択 ー JA三重中央会 臨時総会 2020.03.30
JA三重中央会 中央会・連合会 新着情報

 JA三重中央会は3月30日、津市のJA三重ビルで第158回臨時総会を開催しました。 
   臨時総会では、令和2年度の事業計画などを承認したのち、「『持続可能なJA経営基盤の確立・強化』に関する決議」を採択しました。

   決議では、JAグループ三重は組織の総力を挙げて「持続可能なJA経営基盤の確立・強化」に取組み、引続き「地域の農業と暮らしに   無くてはならない組織」として役割を発揮して、「多彩な農業」と「元気な地域」の実現に努めていくことなどを確認しました。

 決議の全文は次のとおりです。

 

 

                                           「持続可能なJA経営基盤の確立・強化」に関する決議

   農業・地域・JAを取り巻く環境は、一段と厳しさを増しており 、農業生産力の脆弱化、地域活力の低下、経営収支の悪化など、これらの窮状が続き、深刻化することが懸念される状況にある。

   農業と地域の未来を切り拓くため、JAは、組合員の営農と生活、自らの組織と経営、それぞれの基盤の維持・強化を図り、組合員と役職員が一丸となり、「農業者の所得増大」、「農業生産の拡大」、「地域の活性化」を基本目標とする、不断のJA自己改革を押し進めていく必要がある 。

   現在、JAは、農業と地域を振興する自己改革に取り組む上で、総合事業経営の健全性と持続性の確保が重要課題となっており、 将来見通しを踏まえた目標利益を起点に、経営基盤を強化する対策に取り組んでいる。

   しかし、今後も、事業環境の好転が見込めず、厳しい経営が続くと予想されることから、JAは、「経済事業の収益力の向上・収支改善」並びに「店舗・ATMの再編」を重点課題とする「取組方針」を定め、令和3年3月末を節目とし、組合員との対話運動を継続的に行いながら、実情に即した「行動計画・工程表」の策定と実践に努め 、中央会・連合会は、緊密に連携し、JAの取り組みを総合的に支援することとする 。

   JAグループ三重は、組織の総力を挙げて、「持続可能なJA経営基盤の確立・強化」に取り組み、引き続き、「地域の農業と暮らしに無くてはならない組織」としての役割を発揮し、「多彩な農業」と「元気な地域」の実現に努める。

 

   以上、決議する。

                                                                                                                                         令和 2年 3月 30日
                                                                                                                                         三重県農業協同組合中央会
                                                                                                                                         第158回臨時総会