JAグループ三重 JA GROUP MIE

自己改革

自己改革 SELF REFORMATION

JAグループ三重は、農業関係事業を中心に「JA自己改革」を進めています。
ここでは、JA自己改革に関する「5つのギモン」を紹介します。
JA自己改革って?
 JAは「協同組合」なので、組合員=出資者=経営者=利用者 というのが基本です。
 組合員が利用するJAの事業などを、組合員のニーズにマッチするよう見直しを図るのが、JA自己改革です。
利用者 = 出資者 = 運営者
なぜそんなことをするの?
 JAの基礎である「農業協同組合法」が成立して70年以上経ち、当時の農家組合員とともに作った事業は、超高齢社会の到来、組合員の世代交代等を迎え、今の組合員のニーズに合わない部分が出てきています。
 そこで、求められる事業の形に見直しを進めています。
どうやって?
 JAの組織の基盤は、組合員です。
 JAの運営を行う役職員は、訪問活動、アンケート、座談会(地区別説明会)など、組合員と「対話」する機会を増やし、ニーズをしっかり把握することで、迅速に事業などを見直します。
いつまでに?
 JA制度を見直し、農家組合員以外の「利用を制限」する動きがあります。
 「2021年3月」までに結論を出すとされていますが、強制的な見直しではなく、JA・組合員自らが改革を行い、地域の農業と自らの営農を豊かにすることが必要です。
 当面は2021年を目指しますが、改革に終わりはありません。
これまでの改革の成果 その(1)
 平成27年以降、自己改革を着実に実践したことで、水田・園芸品目の作付の拡大、GAP(農業生産工程管理)や農業法人化の推進など、一定の成果が上がった一方で、残された課題も明らかになってきました。
 このような内容を平成30年度にムービーでまとめましたので、ご覧ください。
これまでの改革の成果 その(2)
 JA三重中央会は、更なるJA自己改革(農業者の所得増大・農業生産の拡大・地域の活性化)の実践、とりわけ地域農業振興の継続・深化を目的として、令和元年度に「JA地域農業振興活動強化事業」をJA共済連三重の支援のもと創設しました。
 この事業を活用した本県のJAならびにJA出資型農業法人の取組みを紹介します。

JAみえきた

 株式会社JAみえきたアグリは管理する水田圃場に、土壌改良材「農力アップ」を450袋施用し、土づくりを行いました。この取り組みは、生産性の向上や農業経営の安定化とともに、地域農業の振興にもつながります。

JA鈴鹿

 ダイズの共同販売における作業効率改善のため、自動計量器を導入しました。新しい機械の導入によって、以前より計量作業をスムーズに行えるようになり、生産者に喜ばれるとともに、職員の職場環境改善にもつながりました。

JA津安芸

 株式会社ジェイエイ津安芸は管理する水田圃場に、土壌改良材「農力アップ」7,300kgや、肥料「エムコート489」2,600kg等を施用しました。これらの継続的な取り組みにより、地域の平均単収を上回るという成果が確認されました。この成果を生産者の経営安定につなげます。

JA三重中央

 株式会社JAアグリサポートだいちでは、キャベツ栽培の更なる省力化を図るため、新たに3銘柄の肥料に注目し、比較試験を行いました。この成果を地域の生産者の作業省力化につなげます。

JA一志東部

 管理機の導入によるブロッコリー栽培効率改善に向けた実証を行い、誰もが簡単に高精度な作業を行えることが確認できました。この成果を、主に高齢化・人手不足に悩む組合員等の作業効率の改善につなげます。

JA松阪

 イチゴ苗の安定供給を目的に、灌水設備を完備しました。これによって6000本の苗が生産可能となり、JA農業経営での活用をはじめ、350本を管内組合員へ、1000本を他JAへ販売することで、三重いちごの産地の維持・拡大につながりました。

JA多気郡

 農産物直売所スマイル多気では、石抜き機能付きの精米機を導入しました。顧客満足度の向上によって、多気郡産米の販売拡大を目指しています。精米時間が短く、異物混入もないので、利用者からは好評を得ています。

JA伊勢

 株式会社あぐりん伊勢では、イチゴ栽培における作業効率を向上させるため、高設ベッド耕運機を導入しました。培土に肥料および土壌改良材を混和する工程の作業時間を短縮することができ、時間当たりの生産性が向上しました。

JAいがふるさと

 農産物直売所とれたて市ひぞっこのイベントを広くPRするため、イベントチラシを作成し、配布しました。1年間に10回開催したイベントでは、地元農作物を使用した加工品の販売や地元農作物が当たる抽選会等を実施し、生産者と消費者の交流と根強いJAファンの獲得を図りました。