JAグループ三重 JA GROUP MIE

自己改革

自己改革 SELF REFORMATION

JAグループ三重は、農業関係事業を中心に「JA自己改革」を進めています。
ここでは、JA自己改革に関する「5つのギモン」を紹介します。
JA自己改革って?
 JAは「協同組合」なので、組合員=出資者=経営者=利用者 というのが基本です。
 組合員が利用するJAの事業などを、組合員のニーズにマッチするよう見直しを図るのが、JA自己改革です。
利用者 = 出資者 = 運営者
なぜそんなことをするの?
 JAの基礎である「農業協同組合法」が成立して70年以上経ち、当時の農家組合員とともに作った事業は、超高齢社会の到来、組合員の世代交代等を迎え、今の組合員のニーズに合わない部分が出てきています。
 そこで、求められる事業の形に見直しを進めています。
どうやって?
 JAの組織の基盤は、組合員です。
 JAの運営を行う役職員は、訪問活動、アンケート、座談会(地区別説明会)など、組合員と「対話」する機会を増やし、ニーズをしっかり把握することで、迅速に事業などを見直します。
いつまでに?
 JA制度を見直し、農家組合員以外の「利用を制限」する動きがあります。
 「2021年3月」までに結論を出すとされていますが、強制的な見直しではなく、JA・組合員自らが改革を行い、地域の農業と自らの営農を豊かにすることが必要です。
 当面は2021年を目指しますが、改革に終わりはありません。
いままでの改革の成果は?
 2015年以降、自己改革を着実に実践したことで、水田・園芸品目の作付の拡大、GAP(農業生産工程管理)や農業法人化の推進など、一定の成果が上がった一方で、残された課題も明らかになってきました。
 このような内容をムービーにまとめましたので、ご覧ください。