JAグループ三重 JA GROUP MIE

自己改革

自己改革 SELF REFORMATION

JAグループ三重は、農業関係事業を中心に「JA自己改革」を進めています。
ここでは、JA自己改革に関する「5つのギモン」を紹介します。
JA自己改革って?
 JAは「協同組合」なので、組合員=出資者=経営者=利用者 というのが基本です。
 組合員が利用するJAの事業などを、組合員のニーズにマッチするよう見直しを図るのが、JA自己改革です。
利用者 = 出資者 = 運営者
なぜそんなことをするの?
 JAの基礎である「農業協同組合法」が成立して70年以上経ち、当時の農家組合員とともに作った事業は、超高齢社会の到来、組合員の世代交代等を迎え、今の組合員のニーズに合わない部分が出てきています。
 そこで、求められる事業の形に見直しを進めています。
どうやって?
 JAの組織の基盤は、組合員です。
 JAの運営を行う役職員は、訪問活動、アンケート、座談会(地区別説明会)など、組合員と「対話」する機会を増やし、ニーズをしっかり把握することで、迅速に事業などを見直します。
いつまでに?
 JA制度を見直し、農家組合員以外の「利用を制限」する動きがあります。
 「2021年3月」までに結論を出すとされていますが、強制的な見直しではなく、JA・組合員自らが改革を行い、地域の農業と自らの営農を豊かにすることが必要です。
 当面は2021年を目指しますが、改革に終わりはありません。
これまでの改革の成果 その(1)
 平成27年以降、自己改革を着実に実践したことで、水田・園芸品目の作付の拡大、GAP(農業生産工程管理)や農業法人化の推進など、一定の成果が上がった一方で、残された課題も明らかになってきました。
 このような内容を平成30年度にムービーでまとめましたので、ご覧ください。
これまでの改革の成果 その(2)
 JA三重中央会は、更なるJA自己改革の実践として農業と地域の将来を見据え更なる組合員等との関係強化と農業振興を図ることを目的として、JA共済連三重の支援のもと「JA農業・地域振興事業」を令和2年度に実施しました。
 この事業を活用した本県のJAならびにJA出資型農業法人の取組みを紹介します。

JAみえきた

 JAファーマーズ四日市「みえきたマルシェ四季菜」の出荷登録者へ抗菌コンテナを提供しました。この取り組みにより新型コロナウイルス感染症の予防と切れ目のない衛生管理の徹底を図り、店舗で消費者へのPRもすることで農産物の販売増につなげ生産者の所得向上にも寄与します。

JA鈴鹿

 株式会社アグリサービス鈴鹿は管理する圃場面積拡大に伴い乗用防除機を導入しました。新しい機械の導入によって、白ネギ、ハクサイ、キャベツ等の適期防除の実施による品質向上と地域の農業振興につなげます。

JA津安芸

 株式会社ジェイエイ津安芸は耕作放棄地の保全管理作業を幅広く受託するため小型モアを導入しました。遊休農地等の草刈受託作業面積拡大につながり細かな委託者ニーズに対応しています。

JA三重中央

 ふれあいマーケットぬくいの郷では大型冷蔵庫を設置しました。出荷物を新鮮な状態で保管することができ、品質の維持・確保、出荷量の増加にもつなげていきます。

JA一志東部

 ハンマーモア(草刈機)の導入による秋冬野菜の除草作業の改善に向けた実証を行い、作業効率の改善が確認できました。この成果を、主に高齢化・人手不足に悩む組合員等の作業効率の改善につなげます。

JA松阪

 タマネギの出荷調製の根と葉を切り揃える作業の省力化のためオニオンタッピングマシンの導入しました。タマネギ生産にかかる作業効率改善と産地の維持・振興につなげていきます。

JA多気郡

 カット白菜における鉄製コンテナ導入に際し、コンテナごと計量ができる秤を導入しました。生産者が集荷場納品時に計量し調整する作業が可能になり段ボールでの出荷に比べ省力化となり、実需者ニーズにも対応できるようになりました。

JA伊勢

 ファーマーズマーケット出荷者に早期出荷用野菜苗、秋植え用野菜苗の供給助成を行いました。出荷品目・出荷量が増加し、安定した野菜供給につながりました。

JAいがふるさと

 いがふるさとアグリ株式会社ではドローンを導入しました。無人ヘリでの共同防除において散布が困難な中山間地において、地域の農業者からの依頼に応えるため、散布体制を強化し適期防除を行います。