ニュース NEWS

あぐりスクールで親子が豆腐作り体験【JA鳥羽志摩】 2013.08.13
新着情報

JA鳥羽志摩あぐりスクールは27日、夏休み親子体験学習を開催し、親子10組23名が参加した。「野原工房げんき村」(度会郡大紀町)、農業法人「せいわの里まめや」(多気郡多気町)、三重県地方卸売市場(松阪市小津町)を訪れた。

同スクールは、管内小学3年生の親子を対象に募集し、「食・農業・いのち」について学ぶことを目的に、4月から12月まで特別栽培による米作りや野菜栽培等の農業体験を行っている。

「せいわの里まめや」では、地元で収穫した旬の食材を使ったバイキングを楽しんだほか、親子で昔ながらの豆腐作りに挑戦。また、卸売市場では市場の仕組みと役割についてビデオで学習し、市場担当者から説明を受けながら場内を見学した。

参加した生徒は「普段食べている豆腐より濃厚で弾力があった。自分で作った豆腐は本当に美味しかった。市場はとても広くたくさんの野菜があって驚いた」と話した。


写真=初めての豆腐作りを楽しむ参加者