ニュース NEWS

農産物直売所「ほほえみかん」新設オープン【JA三重南紀】 2012.10.09
新着情報

JA三重南紀は1日、熊野経済センターを改装し、新たに農産物直売施設「ファーマーズ・マーケットほほえみかん」をオープンした。「ほほえみかん」の名称は、公募で集まった中から、「ほほ笑みながら和やかな気持ちと地元特産のみかん」をかけていることを表している。

510平方㍍(155坪)の売り場に、今が旬の極早生ミカンや地元産の新米、新鮮な野菜など豊富に商品が並び、たくさんの買い物客で賑わっている。朝、生産者から運ばれた農産物をその日のうちに店頭に並べ、新鮮な商品を提供。6日には、「グランドオープン」として、餅まき大会や豚汁の振る舞い、300パック(6個入り)限定で卵をプレゼントするなどのイベントも行われた。

JA三重南紀の山本範光代表理事理事長は、「安心で安全な食材の提供を目指す。新鮮な品物を多数用意していますので、ぜひ来店してほしい」と話す。 営業時間は、午前9時から午後6時まで(年始を除く)。駐車場も完備している。

写真=買い物客で賑わう「ほほえみかん」