JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2012.01.30】
ナバナ出荷本格化【JA鈴鹿】

【鈴鹿】JA鈴鹿亀山支店管内で、「三重なばな」の出荷が本格化している。管内では、生産者6人が約50アールで栽培、市場出荷は3月末まで続く予定だ。

三重なばなを栽培する亀山市椿世町の大野哲郎さん(24)は「三重なばなは冬場に長期的に収穫できるのが良い。栽培を始めて4年目だが、今年の生育は順調で、虫による被害も少なく、出来も良い。」と話す。

写真=三重なばなを栽培する大野さん