JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2011.10.12】
3JAと津市が応援協定を締結/災害時に米供給へ【JA津安芸】

津市内のJA津安芸、JA三重中央、JA一志東部と財団法人中部電気保安協会は4日、大規模災害時に円滑な精米の供給や迅速な電気の復旧ができるよう、津市と応援協定を締結した。
 被災者へのスムーズな食料の供給や、公共施設などの電気の復旧、二次災害を起こさないように漏電防止作業を行なう事を目的としている。市の要請で各JAは保管する米を市に優先供給し、同協会は市内の避難所などの電気設備の保安作業を優先して行う。 
 津市役所で開かれた協定調印式には、JA津安芸の岸田稔理事長、JA三重中央の片岡眞郁組合長、JA一志東部の金児守男組合長、中部電気保安協会の幹部らが出席した。前葉泰幸市長は「食料の調達や電気の保安に備えるこの協定が市民に与える安心感は大きい。感謝します」と謝辞を述べた。

写真=災害時の精米の調達で応援協定を締結した3JAの代表ら(左から岸田稔理事長、片岡眞郁組合長、金児守男組合長)=津市役所で