JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2011.04.04】
朝摘みいちご出荷開始【JA松阪】

【松阪】JA松阪は摘んだその日に出荷・販売を行う朝摘みいちごの出荷を1日からスタートした。新鮮ないちごを消費者に味わってもらおうと、毎年行っている。

4月からは温度上昇により果実の傷みが早まることから、夜半から早朝の低温時に収穫・即出荷しており、販売店の開店時間には店頭に並ぶ。みずみずしい食感で、消費者に好評だ。

朝摘みに取り組み6年になる松阪市の生産農家、梶間和代さんは「朝早い収穫が続くが、体調に気をつけて、最後まで新鮮ないちごを届けたい」と意気込んでいる。

品種は「章姫」。今年は管内のいちご生産農家21戸が取り組み、5月末までに40トン(1パック=250グラム)の出荷を見込む。

写真=収穫作業を行う梶間さん