JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2012.03.17】
[動画]TPP交渉参加阻止へ/農林水産大臣政務官へ要請【中央会】

JA三重中央会の奥野長衛会長や県内JAの組合長、理事長らは、東京霞が関の農林水産省で、森本哲生農林水産大臣政務官に対し、TPP(環太平洋連携協定)交渉参加断固阻止などの要請を行った。

当日は藤田大助衆議院議員も同席。奥野会長らは、「TPPは農業や食料安全保障のみならず、地域経済・社会ひいては国民生活全体に悪影響を及ぼす」とし、協定を締結しないよう要請した。戸別所得補償制度についても、制度の基本を堅持し、法制化により恒久的な制度とするよう求めた。

要請を受けた森本政務官は「TPPは生活・環境そのものが失われる可能性があり、慎重に対応しなければならない」と述べた。奥野会長は「食の安全・安定供給や放射能問題についても、政府・行政が指導、支援してほしい」と話した。

JAグループ三重は今後も引き続き、TPP交渉参加阻止に向けた県民運動を展開していく予定だ。

写真=森本政務官とTPPなどについて協議