JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2012.02.08】
児童らが昔の暮らしを学ぶ【JA三重中央】

【三重中央】津市立川合小学校の3年生76人がこのほど、JA三重中央郷土資料館の見学に訪れた。昔の人の生活を学ぼうと、児童らはガイドの説明を受けながら「生活用具」「歴史」「養蚕・製糸」「農林業」の4つの展示室を見学した。

生活用具や農具に触れた児童らは「初めて見たものがたくさんあったけれど、ガイドさんたちが詳しく教えてくれたのでわかりやすかった」と感想を話した。

ガイドの野末巧さんは「資料館には、以前盛んだった道具もたくさん展示してある。こういった機会に、地元の産業やくらしに興味を持って、多くのことを学習し欲しい」と話した。

今後、郷土資料館では順次、管内の小学生が見学する予定だ。

写真=昔ながらの道具に触れる児童