JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2012.01.05】
シリーズ4/高齢者がいきいきと活動【JA多気郡】

JA多気郡の助け合い組織「にじの会」が取り組む「ふらっとホーム」の活動が活発だ。「ふらっとホーム」は、JAの遊休施設などを活用し、誰もがふらっと立ち寄って互いに交流を深める場所。

同JAは「地域の人たちが自由に交わり、楽しめる場所を提供したい」との思いから活動を開始。女性部員やボランティアが運営を行い、様々な活動を提供している。

現在、明和、多気、勢和、奥伊勢地区で合わせて6つのホームが活動。高齢者が手芸をしたり、饅頭やお菓子作り、身体を動かすゲームなどをして楽しんでいる。また、手作りした作品を同JA農産物直売所スマイルで販売し、その収益金で春には花見、冬にはクリスマスパーティーを開いている。

同JAの担当者は「人と関わる機会が少なかった高齢者の方が集まり、自分から話しかけることで、生きがいを見つられ元気になった方がいる」と喜ぶ。

利用者は「毎回、ふらっとホームに来るのが楽しみで、ボランティアの方の顔を見ていると私も元気になる。ずっと続けてほしい」と話す。(多気郡)

写真=高齢者がイキイキと活動する「ふらっとホーム」