JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2014.07.07】
伊勢茶新商品「かぶせ茶」発売【JAみえきた】


写真=記者発表会で「かぶせ茶」をPRする小川組合長(右から2人目)ら

JAみえきたは4日、三重県ブランドで伊勢茶の新商品「かぶせ茶(ペットボトル)」の発売を発表した。「かぶせ茶」本来のまろやかで甘味のある風味に仕上がっているのが特徴だ。

四日市市総合会館で開かれた記者発表会では、同JAの小川英雄組合長が「地元の特産茶葉を使って、急須で入れたときの味に近づけた。茶農家に元気になってもらうため、お茶の消費を促していきたい」と述べた。
 今回発売する「かぶせ茶」は、水沢茶農協の協力を得て造られ、原料はかぶせ茶葉の一番茶のみを使用。ボトル一本当たり、茶葉を2~3㌘使用するのが一般的だが、風味をより強く生かすため、5㌘を使用している。

三重県のお茶は、静岡県、鹿児島県に次ぐ全国3位の生産量で、同JAの特産物となっている。中でも、四日市市水沢地区で生産されている「かぶせ茶」は、全国1位のシェアを占める。新商品の発売で、お茶の消費拡大とともに、地産地消の推進を図り、茶農家を応援していく。売り上げの一部は、社会福祉協議会に寄付される。

1本500mlで100円(税込)。同JAの各支店窓口、各営農センターの他、JAファーマーズマーケット「四季菜」「いなべっこ」「米ひろば」の各店舗等で購入できる。