JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2014.02.03】
1等に笠松さん/ストック品評会【JA松阪】

JA松阪花部会(青木恒男会長)は24日、松阪市黒部町のJA松阪きっする黒部で、2013年度ストック品評会を開いた。栽培技術と生産意欲の向上を目的に、管内の生産農家を対象に毎年、開催している。
 今年度は、管内の生産農家8戸が22点を出品し、同市伊勢寺町の笠松明美さんが1等の松阪市長賞・松阪農業協同組合理事長賞に輝いた。

会場には、パープルアイアンやホワイトアイアン、雪波、黄の舞などの品種が色とりどり並び、三重県中央農業改良普及センターの職員が、花の大きさや発色具合、バランスなどを入念に審査した。
 審査を行った同センター戸谷孝主幹は「例年より、開花が1月ほど遅れているが、ボリュームのある花つきで品質の良いストックに仕上がっている」と話した。

2013年産のストックは、8月下旬からの育苗期の猛暑で発芽不良が目立ち、10月の降雨と11月下旬からの冷え込みのため、出荷は例年より遅い12月中旬となったが、生育期の台風の被害もなく、品質は上々だ。
 同JA管内では、9戸の生産農家が約40アールで栽培。出荷は3月の彼岸頃まで続き、名古屋や県内の市場に出荷する予定だ。

その他の入賞者は以下の通り(敬称略)
▽2等=永井すみ子(稲木町)
▽3等1席=山敷きよ(殿村町)
▽同等2席=山本徹(山室町)
▽同等3席=久留内一彦(六根町)


写真=真剣な表情で審査をする県中央農業改良普及センター職員