JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2013.09.06】
新米「ぎんひめ」3社協に贈る【JA多気郡】

JA多気郡は、今年も新米コシヒカリ「ぎんひめ」を明和、多気、大台の3町の社会福祉協議会にそれぞれ60㌔ずつ寄贈した。同JAの辻正信組合長、西井正常務、長井雅美常務が訪問し手渡した。今年で18回目。

同JAのコシヒカリ「ぎんひめ」は、食味向上を目指し、同JAオリジナル有機肥料を使って栽培したこだわりのある米。種子更新100%、生産栽培履歴記帳、品質検査をしている。多気町の社会福祉法人、多気町社会福祉協議会多気町地域福祉センター天啓の里の石川幸雄会長は「高齢者世帯への食事の配達や、障害者施設くすの木の調理実習にも使わせていただく。ありがたい」と感謝を述べた。

多気町では月2回、75歳以上の一人暮らしの方や80歳以上の夫婦で、どちらかが介護認定を受けている方に対し、多気地区は昼食、勢和地区は夕食を用意している。職員が安否の確認をしながら配達をしている。


写真=新米を手渡す長井常務(右)石川会長(中央右)、JA多気郡小筆相可支店長(中央右)村林尋朗同協議会施設長兼事務局長