JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2013.08.21】
岩手の女性部へタオルで支援【JA多気郡】

JA多気郡女性部明和支部斎宮地区は、明和営農センターで支援物資として岩手県の3JA女性部に送るタオルの梱包作業をした。参加した部員ら7人は、集まったタオルを箱から取り出し、変色してしまったタオルをより分け、きれいなタオルを梱包。JA三重中央会を通じJA新いわて、JAいわて花巻、JAおおふなとに寄附した。

東日本大震災から2年以上がたち、緊急的な支援物資が必要な時期は過ぎた為、3月に同地区で女性部として何か出来ることはないかと話し合った。部員の一人から「何にでも使える日用品のタオルを送ろう」という声が上がり、4月中旬から5月末まで同JA斎宮支店と明和営農センター、本店の生活福祉課で未使用のタオルの寄付を募ったところ、フェイスタオル300枚、バスタオル100枚が集まった。

梱包した箱の中には、タオルの他、部員が書いた手紙が添えられた。作業を行った部員らは「まだまだこれからも厳しい暑さが続くが、タオルはアイデアで何通りもの使い方ができる。被災者の方の生きがいや生きていく楽しみができたら私達もうれしい。ご協力いただいた多くの皆様に感謝したい」と話した。


写真=集まったタオルを梱包する女性部員