JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2013.08.19】
丹羽さん(桑名市)知事賞【全農みえ】

JA全農みえなどはこのほど、松阪市で2013年産大豆生産振興研修会と、12年度三重県大豆経営改善共励会の表彰式を開いた。生産者や実需者、JA、行政関係者ら約200人が参加。大豆の流通情勢と栽培技術の課題などを学んだ。共励会表彰式では、県知事賞の丹羽一久さん(桑名市長島町)ら4農家を表彰した。

研修会では、県農林水産部農産園芸課が大豆の振興策を説明。13年産は300A技術など安定生産技術の定着や不作付け水田の活用、新規就農者の支援など、国や県の事業を活用して地域の生産拡大支援を行うとした。
 県産大豆の需要動向については、大豆や豆腐製造機械などを扱うサントウ商事㈱(四日市市大矢知町)の荻須智之社長が報告。「地産地消運動などで県内消費を増やすこと必要。農商工連携を深めるため、しっかりした選別と、適正に乾燥した高品質の大豆を供給してほしい」と要望した。
 また、農機販売会社から大豆関連農機の紹介、県農業研究所から大豆栽培での雑草防除、県内で拡大しているミナミアオカメムシの生態と防除対策、県警察本部から農業機械の盗難に関する情報提供などがあった。

県内の12年産大豆は作付面積が4120ヘクタール。登熟期に相次いだ台風などの影響で、収量は10アール当たり118キロと平年を下回った。

県知事賞以外の共励会受賞者は次の通り(かっこ内は所在地)。
▽県農業会議会長賞=杉本孝之(鈴鹿市中其田)▽県米麦協会会長賞=(有)岡野農産(津市一市町大柳)▽JA三重中央会会長賞=堀内直樹(菰野町池底)