JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2013.08.19】
ブドウ食味良好【JA伊賀南部】

JA伊賀南部デラ部会と巨峰部会は、名張市の名張東支店でブドウの出荷目揃え会を開いた。
 部会員と市場関係者などが参加して有利販売に向け出荷規格や、色・糖度、品質を確認した。

同JA管内ではブドウ作りが盛んで、お中元などの贈答としても人気があり、同地区を代表する農産物となっている。
 昨年はデラウェア(2kg・4kg)約4,200ケース、巨峰はハウス(800g・3kgバラ・6kgコンテナ)と露地(800g)を合わせて約7,300ケースを出荷している。
 市場関係者は「昼夜の気温差も大きく、雨が少なかったことで劣化も少なく良いでき」と話し、デラ部会会長の柳嶋和明さんは、「食味の良いブドウに仕上がった」と今年のブドウの出来に自信を見せる。
 デラウェアとハウス巨峰は8月中旬頃までで、下旬頃からは露地巨峰が収穫され県内の市場や量販店などに出荷される。


写真=ブドウの仕上がりを確認する関係者