JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2013.08.19】
「幸水」出荷ピーク【JA伊勢】

伊勢市のJA伊勢小俣集荷場で、梨「幸水」の出荷がピークを迎えた。盆過ぎまでに3キロ、5キロ合わせて約40トンが県内市場に出荷される見込み。
 同JA経済1課果実・野菜グループの担当者は「今年は春先の天候の影響で、開花、着色、肥大が早く、盆前の出荷が多くなった。品質も高く、贈答用、盆需要への期待が持てる」と話す。

同JA小俣梨部会では、小俣町の部会員7人が、3.2ヘクタールの面積で「幸水」などを露地栽培している。同町は伊勢平野の温和な気候に恵まれ、甘くてシャキシャキした歯ごたえの梨が育つ。
 部会では先進地視察などを積極的に行い、生産者意識の向上と産地作りに努めるほか、市場と連携し、贈答用としての販売に力を入れている。


写真=集荷される梨「幸水」