JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2013.07.12】
美旗メロン12日から直売【JA伊賀南部】


                  写真=直売に期待する岡山さん

名張市美旗地区を中心に栽培されている「美旗メロン」の直売が、12日からJA伊賀南部カントリーエレベーターで始まる。今年は日照時間が長く、糖度が高く生育も順調なことから昨年に比べ1週間早いオープンとなった。

直売するのは、青・赤果肉の2種類で、価格は贈答用に人気の2Lサイズ2玉箱入り3000円のほか、Mサイズ1000円なども家庭用に人気がある。送料別で地方発送も受け付ける。
 また、直売以外にも、JA全農みえが運営するサイト「JAタウン」でも、注文を受け付けている。

直売は毎日10時から同JAカントリーエレベーターで行う。期間は8月上旬までを予定しているが、売切れ次第終了する。

美旗メロンは、1996年に美旗地区の公民館サークルの一環として始まり、2005年にJAの部会として地域の特産品を目指して活動を本格化した。
 現在部会員は11名が在籍。40代の若い世代も加入し、地域の特産品にしようと栽培に力を入れてきた。今年は昨年よりも1000個多い、約8400個を販売する予定だ。

3年前から部会に加入した岡山浩司さん(40)は、「1年目は出荷数が250個だったが、3年目の今年は1500個の出荷を目指して準備を行ってきた。糖度の高いメロンを提供していきたい」と意気込む。

詳しくはJA伊賀南部指導販売課、(電)0595-63-2253まで。