JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2013.03.09】
高橋直也さんがグランプリ/「アグリデザイングランプリ2012」入賞者15人を表彰【中央会】

アグリデザイングランプリの入賞者と青年部の役員ら
(津市のJA三重ビルで)

JA三重青年部(事務局:JA三重中央会農業対策部)は2月24日、アグリデザイングランプリ2012表彰式を津市のJA三重ビルで開いた。県内144点の応募の中から、グランプリに選ばれた多気町の高橋直也さんら15名を表彰した。

同グランプリは、農業をより身近に感じてもらうため、思わず田んぼや畑に行きたくなるようなTシャツデザインを募集し、農業のイメージアップを図ろうというもの。表彰式には入賞者13名が出席。JA三重青年部の米田達弥会長から入賞者全員に、賞状と記念品が手渡された。

グランプリに選ばれた高橋直也さんの作品「進化」は、人間と共に進化してきた農業を、これからも進化させていきたいとの想いが込められている。今回のグランプリを主催したJA三重青年部の米田会長は「応募作品はどれも素晴らしいものばかりで選考に苦慮した。今後もこれまで以上に農業についての情報を発信し、イメージアップにつなげていきたい」と期待を込める。

表彰式では、茶の生産農家でJA三重中央青壮年部の菅尾充孝さんを講師に、茶の説明会も開かれ、出席者らはおいしい茶の入れ方や特徴などの説明に耳を傾けた。同グランプリは2012年9月から今年1月上旬まで実施され、2010年に引き続き今回で3回目となる。

 

高橋直也さんのグランプリ作品「進化」

 

米田会長(左)から賞状を受け取る高橋さん(右)

 

「アグリデザイングランプリ2012」の入賞作品