JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2013.02.27】
TPP交渉参加の表明阻止へ/鈴木知事に緊急要請【中央会】

鈴木知事(右)に要請するJA三重中央会の役員ら
(26日、津市の三重県庁で)

日米首脳会談後の共同声明を受けて、JA三重中央会は26日、津市の三重県庁を訪れ、政府が環太平洋連携協定(TPP)に交渉参加を表明しないよう、鈴木英敬知事に対し緊急要請を行った。同会からは奥野長衛会長、池村均専務、川井勝常務らが出席した。
要請では、安倍首相が「TPPは聖域なき関税撤廃が前提でない」ことを強調し、交渉参加に向けて舵を切ろうとしていることから、県から政府へ参加表明しないよう訴えた。要請書を手渡した奥野長衛会長は「TPPに参加すれば、アメリカ社会が抱える問題を日本に持ち込むことになる。地方が疲弊し、地域コミュニティの崩壊にもつながる」と述べ、政府を厳しく非難した。
鈴木知事は「TPPは我が国として慎重に対応する必要があると申し上げてきた。全国知事会のメンバーとも情報を取りながら対応していきたい」と話した。同日に、山本教和県議会議長にも要請を行い、山本議長は「国民的議論が必要であり、国は説明責任を果たす必要がある」とした。
今後、JAグループ三重は引き続き交渉参加阻止に向けた県民運動を展開していく予定。

鈴木知事に要請書を手渡す奥野長衛会長(左)

 

県から政府へTPP交渉参加を表明しないよう働きかけを訴える奥野会長(右)