JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2013.02.03】
ナバナ出荷ピーク/高値取引に期待【JAいがほくぶ】

伊賀市のJAいがほくぶで、特産のナバナの出荷がピークを迎えている。

ナバナは三重県の特産野菜で、同JA管内では、毎年約25トンのなばなを出荷している。今年は冷え込みが厳しく、生長が遅れていが、園芸課の中川真一さんは「出荷は天候で伸び悩んでいるものの、甘味が出て味は良くなっている。人気の高い作物なので期待している」と自信をみせる。

ナバナは3月下旬まで収穫できる。名古屋や大阪の市場に出荷し、今年hは値段は一袋(200g)平均110円と、例年より高い水準で取引されている。

写真=なばなを収穫する農家