JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2013.01.09】
南部キャベツ適期出荷を/目ぞろえ会開催【JA津安芸】

JA津安芸管内の津南部地区で、1月からキャベツ「松波」の出荷が最盛期を迎える。今年は定植後の生育に少し遅れがあったものの、その後は天候に恵まれ、病害虫の被害もなく順調に推移した。

出荷は昨年12月中旬からはじまっており、津市のJA津安芸津南部営農センター藤水集荷場で開かれた目揃え会では生産者や市場関係者、JA営農担当職員13人が参加し、市場情勢や出荷規格の確認を行った。

市場関係者は「他産地との兼合いを考え、タイミングをみながら出荷してもらいたい」と呼びかけた。津南部地区では生産者16人が約6ヘクタールで栽培を行い、3月末までに約2万ケース(1ケース10キロ)を大阪市場へ出荷する予定だ。

写真=市場関係者の説明を聞く生産者ら