JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2012.12.18】
TPP反対を衆議院選挙の争点に/JAグループ三重が生協・漁協と連携して街宣活動【中央会】

16日の衆議院総選挙を前に、JAグループ三重は14日、「TPP交渉参加阻止」と「食と農」の大切さを県民に訴えようと、津市の津駅前で街頭宣伝活動を行った。同取り組みに賛同する生協や漁協の団体などとも連携し、共にTPP交渉参加阻止への理解を求めた。

街頭宣伝活動では、各組織の役職員ら約20名が、通勤・通学中のサラリーマンや学生らに、TPP交渉に参加した場合の影響をまとめたチラシ・ティッシュや「TPP交渉参加断固阻止」を記したカイロを配り、生活に様々な影響があることを呼び掛けた。

JA三重中央会の池村専務理事は「TPP参加は国益を損なう大きな問題。国の将来を左右するTPPを多くの人に理解してほしい」と注意を促す。通勤中のサラリーマンは「各政党が参加・反対を訴えており、真剣に考えなければならない」と話した。

写真=通勤・通学中のサラリーマンや学生らにTPP断固阻止を訴えた街宣活動(14日、津駅前で)