JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2012.12.07】
「かおり野」が主力/目ぞろえ会を開催【JA多気郡】

JA多気郡いちご部会は4日、多気町にある同JA多気営農センターでいちごの統一目揃会を開いた。 品種別の果実の詰め方やラップの色、重さなどを確認した。

同JA管内は「章姫」「紅ほっぺ」「かおり野」「女峰」を明和、多気、大台地区で32戸の農家と五桂苺(いちご)部会が3.53ヘクタールで栽培している。その中でも「かおり野」は約4割を占める。

今年は全般的に柿、ミカン、リンゴなどが気候の影響で生育が遅れているが、12月中旬には出揃う見通だ。同JA営農資材課の高山幸治課長は「消費者のニーズに合う商品を、これから半年間健康に留意しながら出荷してほしい」と呼び掛けた。

写真=見本のいちごを見ながら目ぞろえする生産者