JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2012.10.22】
山本敬子さんに知事賞/JA伊勢蓮台寺柿部会が品評会【JA伊勢】

JA伊勢蓮台寺柿部会は12日、伊勢市藤里町にある藤里町集会所で蓮台寺柿品評会を行った。品評会には34点が出品され、色や形、糖度などの6項目で審査された。

蓮台寺柿は伊勢市で約350年前から栽培され、市の天然記念物や「みえの伝統果実」に認定されている渋柿。収穫後、炭酸ガスによる脱渋を行う。同部会では、今年度は57戸の農家が約220トンを11月中旬まで県内市場へ出荷する見込み。

審査に当たった三重県中央農業改良普及センター担当者は「今年は天気の影響で例年に比べると小ぶりだが、十分な日照時間で糖度は高い」と話した。同品評会は蓮台寺柿の品質向上と生産者の技術向上、産地の発展を目的にしている。出品された柿は後日、伊勢市内の販売店で行われた伊勢やさいフェアで展示・即売され、訪れた地域住民にPRされた。

受賞者は次の通り。
▽山本敬子(三重県知事賞) ▽羽根文雄(伊勢市長賞) ▽斉田喜久男(伊勢市議会長賞) ▽斉田みさ子(伊勢農林水産商工環境事務所長賞) ▽大西信孝(伊勢志摩地域農業改良普及センター所長賞) ▽野島収二(全国農業協同組合連合会三重県本部長賞) ▽梅谷修(三重県園芸振興協会会長賞) ▽野島淑子(県印三重中央青果株式会社賞) ▽村田裕司(伊勢山田青果株式会社賞) ▽澤田三江子(伊勢農業協同組合長賞)

写真=審査にあたる三重県中央農業改良普及センター担当者(伊勢市藤里町の藤里町集会所で)