JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2012.08.21】
新たに直売所オープン/JAなど6団体が運営【JA伊賀南部】

名張市希央台にこのほど、農産物直売所「とれたて名張交流館(愛称=とれなば)」がオープンした。店内には季節の農産物や地元の特産品などが並び、多くの買い物客でにぎわっている。

同施設は4月に発足した当JAや名張市など地元6団体による協議会が運営を行って、農産物や加工品などを販売し、農業の振興と地域経済の活性化を目指すことを目的としている。当日は隣接する温浴施設もオープンし、新たな集客施設として期待される。
 これまでに約150の個人と団体が出品登録していて、年末年始を除く毎日、午前10時から午後6時まで営業する。記念式典では、関係者約160名が参加し、テープカットなどが行われ、開店を祝った。

農産物を出品する生産者の一人は、「内容を充実させて、施設を皆で協力して発展させていきたい」と意気込みを話す。今後も引き続き出品者の募集をして、取扱高の拡大を目指す。

写真=買い物客でにぎわう店内