JA三重中央会

三重県あぐり(農業)ニュース

三重県あぐり(農業)ニュース

【2012.08.03】
新産地化に向けて白ネギ堀り取り機を実演【JA鈴鹿】

JA鈴鹿管内の生産者らが今年から植木・茶の代替作物として白ネギ「ホワイトスター」の栽培に取り組んでいる。7月25日には、冬場の収穫に向けて、生産者や同JA職員ら約30名が、白ネギ掘取機でネギを収穫する様子を視察した。

視察した生産者は「白ネギを堀取る作業は大変なので、機械を使うとだいぶ楽になりそう」と話していた。同JAの営農指導員は「10haの栽培を目指し、新産地を形成していきたい」と話す。

同JAでは今後、出荷に向けてネギ調製機の実演を予定している。ホワイトスターの収穫は11月下旬頃から始まる。

写真=掘取機を視察する生産者ら