JA三重中央会

よくある質問

よくある質問

JAって何ですか?

人々が連携し、助け合うことを意味する「相互扶助」の精神のもと、組合員農家の農業経営と生活を守り、よりよい地域社会を築くことを目的として作られた協同組合です。
米・野菜などの販売事業、肥料・農薬・農業機械などの共同仕入れを行う購買事業をはじめ、貯金の受入れ・資金の貸出しの業務を行う信用事業、組合員の健康を守る厚生事業、各種共済の業務を行う共済事業などさまざまな事業を兼営しています。

JAグループ三重ってなんですか?

三重県内にあるJA、中央会、連合会(JA三重信連、JA三重厚生連、JA全農みえ、JA共済連三重)の総称です。
※詳細はこちら

三重県にはどれくらいの数のJAがあるのでしょうか?

三重県には平成25年4月現在、12の総合JAがあります。

三重県のJAの組合員はどのくらいいるのでしょうか?

三重県のJA正組合員は106,609人、准組合員は88,095人です(平成25年3月末現在)。

このサイトのコンセプトは何ですか?

生産者と消費者、JAグループ三重が農業や食料についての情報を共有することです。

ホームページについて質問がある時はどのようにしたらよいですか?

当ホームページの「お問い合わせ」フォームからお問い合わせください。