JA三重中央会

JAグループ三重情報

JA三重中央会とは

会長の紹介&メッセージ

JA三重中央会会長 田中 利宣

JA三重中央会会長の谷口俊二でございます。

日頃から、JA事業に対しご理解・ご協力いただき、誠にありがとうございます。

さて、農業・農村を取り巻く情勢は、農業従事者の高齢化や担い手不足、農産物価格の低迷、米政策改革など生産振興の厳しさが増しています。農村地域においても、過疎化や高齢化が進行し、農業生産と共同社会の維持・存続に苦慮する地域が増大しています。また、農政面においても、農業施策の転換や外国との貿易交渉など情勢が刻々と変化しています。

このような状況において、JAグループ三重では、持続可能な農業の実現に向けて、農業者の所得増大と農業生産の拡大を最重要課題として、組織一丸となった自己改革に取り組んでおり、危機感とスピード感を持って、「組合員を巻き込んだ取組みの強化」や「目に見える取組成果の発信」を行ってまいります。

2016年11月には、協同組合がユネスコ無形文化遺産に登録されました。

決定にあたってユネスコは、協同組合を「共通の利益と価値を通じてコミュニティづくりを行うことができる組織であり、さまざまな社会的な問題への創意工夫あふれる解決策を編み出している」と評価されています。

我々JAグループ三重も、農業者を中心とした「組合員」の皆さまとともに、三重県の豊かで多彩な農業と地域を守り、次代につないでいけるよう、役職員一丸となって様々な取組に挑戦してまいりますので、今後とも引き続きご支援・ご鞭撻賜りますよう、お願い申し上げます。