JA三重中央会

JAグループ三重情報

JA三重中央会とは

会長の紹介&メッセージ

JA三重中央会会長 田中 利宣

JA三重中央会会長の奥野長衛(おくの・ちょうえ)でございます。

日頃から、JA事業に対しご理解・ご協力いただき、誠にありがとうございます。

私たちJA三重中央会は、三重県のJAグループの代表機関および指導機関として位置付けられており、相互扶助の精神に基づくJA運動の実践によって、三重県農業の持続的な発展と安心して暮らせる豊かな地域社会を実現することを目的としています。その目的の達成に向けて、JAや連合会の指導、監査、教育・研修そして農政運動、広報活動などさまざまな事業に取り組んでいます。

さて、現在、農村では農業者の高齢化や担い手不足などにより生産基盤が弱まっており、農業・農村の維持が困難な状況となっています。また、農政面においても、農業施策の転換や外国との貿易交渉など情勢が刻々と変化しております。

こうした中、大震災をきっかけに「絆」、「共助」などの価値観が浸透し、国内生産を基本とした農業や食の安全・安心への重要性が再認識されております。

この状況を踏まえ、JAグループ三重は「協同の力」を発揮して、今後も持続的な農業を行える仕組みを再構築するとともに、食の安全・安心に対する消費者ニーズの高まりに的確に対応し、国産とりわけ地場産の農畜産物を安定的に供給する事業を拡大していきます。そして、JAグループ三重全体としての事業伸長や効率化対策を強化することにより、競争力のあるたくましいJAづくりに向けて取り組みを進めてまいります。

「農」が「食」を作り、「食」は「くらし」と「いのち」を守っています。私たちJAグループ三重は「食・農・いのちを大切に!地域の元気を応援します」をテーマに、組合員・地域住民の皆様の負託に応えることができるよう、役職員一丸となって取り組んでまいりますので、ご支援・ご鞭撻賜りますよう、お願い申し上げます。